住宅省エネラベル・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
業務内容
ホーム > 業務内容 > 新築住宅編 > 住宅瑕疵担保責任保険
新築住宅編
住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険とは
平成21年10月1日から住宅瑕疵担保履行法が施行され、平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅については、瑕疵(欠陥)の補修等が確実に行われるように、 保険や供託が義務付けられることになりました。平成12年に制定された「住宅の品質確保の促進に関する法律」では、消費者保護のために売主または請負人に対して、 住宅の構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分について10年間の瑕疵担保責任を義務付けていましたが、住宅瑕疵担保履行法は、事業者が、これらの部分について 瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保を行うことを義務付けたものです。
また、保険が付与された住宅は、専門の紛争処理制度を利用することができます。また、万が一、事業者が倒産しても、保険法人から直接、住宅取得者に2000万円までの補修費用が支払われます。
ただし、住宅瑕疵担保責任保険の対象となる部分は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分です。具体的には、柱・基礎・外壁・屋根などであり、瑕疵であれば何でも保険の対象となるわけではありません。

5つの保険を取り扱っています
ハウスプラス中国では、国土交通省が指定した住宅瑕疵担保責任保険法人のうち、以下5社全ての瑕疵保険の取次ぎと、検査を実施しています。

【ハウスプラスすまい保険】 : ハウスプラス住宅保証株式会社
【まもりすまい保険】 : 住宅保証機構株式会社
【あんしん住宅瑕疵保険】 : 株式会社住宅あんしん保証
【JIOわが家の保険】 : 株式会社日本住宅保証検査機構
【ハウスジーメン(検査のみ)】 : 株式会社ハウスジーメン

それぞれの保険は、リンク先を参照してください。

業務内容へ戻る

ハウスプラス中国住宅保証株式会社
〒730-0042
広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
中国電力グループ