住宅省エネラベル・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
業務内容
ホーム > 業務内容 > 既存住宅編 > フラット35適合証明
既存住宅編
フラット35適合証明 フラット35の融資に必要な建物の検査は、ハウスプラス中国にお任せください!

住宅ローン ”フラット35”,”フラット35S”,”フラット35S(20年金利引下げタイプ)”
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構の提携による長期固定金利の住宅ローンのことです。最長35年、全期間にわたって金利が固定されるため、借り入れ時点で返済額が確定し、将来のライフプランを立てやすくなります。保証人や繰上返済手数料が必要ないこともフラット35の特徴となっています。


最長35年間金利が固定なので、将来金利が上昇して負担が増えることを心配される方にお勧めの制度です。ただし、融資は住宅の耐久性などを定めた技術基準について検査を受けた物件を対象としています。
※特約火災保険は利用できません(一般の火災保険に加入してください)

フラット35を利用する際には、住宅の耐久性などを定めた技術基準に適合しているかどうかの物件検査を行いますので、住まいに対して一定の性能を保持することもできます。

フラット35の技術審査と「適合証明書」
フラット35を利用するための技術審査は、住宅金融支援機構が定めています。ハウスプラス中国住宅保証では、借り入れ先がどこであるかに関わらず、基準に適合しているかどうかの審査を行うことができます。
フラット35にて資金の借り入れをする際には、技術審査に合格したことを示す「適合証明書」が必要になりますので、必ず審査申請を行ってください。審査の申請には手数料が必要になります。
建設性能評価書を取得し、一定の条件を満足する場合は、設計・中間現場検査の手続きを省略することができます。

業務内容へ戻る

ハウスプラス中国住宅保証株式会社
〒730-0042
広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
中国電力グループ