住宅省エネラベル・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
業務内容
ホーム > 業務内容 > 新築住宅編 > 低炭素建築物の技術的審査
新築住宅編
低炭素建築物の技術的審査
低炭素建築物の認定に必要な「適合証」はハウスプラス中国へ!!

低炭素建築物とは?
低炭素建築物とは、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。これらの認定を受けた建築物には建築基準法上の容積率の緩和や、税制優遇措置などを受けることができます。

低炭素建築物の認定の対象となる要件は?
認定の対象条件として、対象となる建築物が市街化区域等内で下記要件を満たすことが必要です。
@ 建築物の低炭素化に資する建築物の新築
A 低炭素化のための建築物の増築、改築、修繕若しくは模様替え
B 低炭素化のための建築物への空気調和設備、その他の政令で定める建築設備の設置
C 建築物に設けた空気調和設備等の改修

「低炭素建築物」として認定を受けるためには?
低炭素化のための建築物の新築等計画を作成し、所管行政庁へ 認定申請を行います。提出された計画が次のとおり基準に適合する場合に所管行政庁により認定されます。
@ 建築物のエネルギーの使用の効率性その他の性能が、省エネ法の判断基準を超え、誘導基準(経済産業大臣、国土交通 大臣及び環境大臣が定めるもの)に適合するものであること。
A 都市の低炭素化の促進に関する基本方針に照らして適切なものであること
B 資金計画が低炭素化のための建築物の新築等を確実に遂行するため適切なものであること。

「低炭素建築物」の技術基準とは?
●省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
●その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。


ハウスプラス中国では、”低炭素住宅建築等計画に係る技術的審査”を行い、「低炭素建築物」の認定の際に必要となる「適合証」を発行しています。

低炭素建築物の認定に必要な「適合証」はハウスプラス中国へ!!

業務内容へ戻る

ハウスプラス中国住宅保証株式会社
〒730-0042
広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
中国電力グループ