住宅省エネラベル・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
業務内容
ホーム > 業務内容 > 新築住宅編 > 長期優良住宅の技術的審査
新築住宅編
長期優良住宅の技術的審査 長期優良住宅の認定に必要な「適合証」はハウスプラス中国へ!!

長期優良住宅とは?
現在、日本では「作っては壊す」という、いわゆるスクラップ・アンド・ビルドの社会が戦後から続いており、住宅の寿命は欧米に比べて短く、住宅ローンを払い終えたころには、住宅の価値がほとんどないというのが一般的になっています。
しかし、これでは資産価値が急速に目減りしていくだけでなく、住宅の解体や除却による廃棄物が環境に負荷を与え、さらには建て替えの費用によって、暮らしに大きな負担がかかることになってしまいます。
「長期優良住宅」とは、このようなスクラップ・アンド・ビルドの考え方を改め、品質の高い住宅をつくり、手入れを行って、長く大切に使うという社会への転換を目的に設定されたものです。 2009年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、「長期優良住宅」として認定されるために必要な技術基準が規定されました。 通常の住宅より必要な住宅性能のハードルが高くなり、建設コストも増えることになりますが、住宅ローン減税の拡充や不動産取得税の控除などを受けることができます。

長期優良住宅の認定基準
「長期優良住宅」として認定を受けるためには、技術的審査に合格する必要があります。
「長期優良住宅」の技術基準は、以下の通りです。

1.耐震性
耐震等級(倒壊防止)2以上、または免震建築物など
2.省エネルギー性
断熱等性能等級4相当
3.維持管理・更新の容易性
維持管理対策等級3相当
4.劣化対策
劣化対策等級3相当に加え、床下等の点検及び床下空間の高さの確保
5.住戸面積
75平方メートル以上
6.居住環境
所轄行政庁による審査
7.維持保全管理
10年ごとに所定の点検を実施
8.住宅履歴情報の整備
住宅の建築や維持保全の状況の記録を作成し、保存
長期優良住宅の認定に必要な「適合証」はハウスプラス中国へ!!
ハウスプラス中国では、”長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査”を行い、「長期優良住宅」の認定に必要となる「適合証」を発行しています。

業務内容へ戻る

ハウスプラス中国住宅保証株式会社
〒730-0042
広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
中国電力グループ