BELS・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
各種業務 料金表 ダウンロードコーナー 会社概要 リンク集
HOME > 租税特別措置法等に基づく証明業務
住宅性能証明書発行までの流れ

以下の申請の流れは、新築住宅の住宅性能証明を行う場合です。
既存住宅の住宅性能証明は、ハウスプラス中国で建設住宅性能評価書、または、フラット35Sの適合証が交付された物件のみを対象とします。 ※増改築の住宅性能証明書の交付は行っておりません。

 
住宅性能証明は、原則として、図面上の確認と現場検査を行うことになります。



 






  【断熱等性能等級の場合(2回)
  【一次エネルギー消費量等級の場合(2回)
  1. 内装下地張り直前の工事完了時
  2. 竣工時
  【耐震等級・免震建築物の場合 (3回以上)
  1. 基礎配筋工事完了時
  2. 躯体工事完了時(※4階以上の場合は2階床の躯体工事完了時および3に7の倍数を加えた床の躯体工事完了時)
  3. (※4階以上の場合は屋根工事完了時)
  4. 竣工時
  【高齢者等配慮対策等級の場合 (2回)
  1. 内装下地張り直前の工事完了時
  2. 竣工時
⇒ ※住宅性能証明申請の申込みタイミングと現場審査時期については こちら
申請に必要な書類は以下のとおりです。
  • サービス申込書

  • 住宅性能証明申請書

  • 設計内容説明書
    ※設計住宅性能評価・フラット35S等と同時に申請を行う場合は、省略できます
  • 設計図書
    ※設計住宅性能評価と同時に申請を行う場合は、省略できます

正本・副本の合計2部を提出してください。
⇒申請に必要な書類一覧はこちら
  • 変更住宅性能証明申請書
  • 現場審査依頼書
  • 施工状況チェックシート

⇒申請書式のダウンロードはこちら

 






申請手続きの詳細については、こちらからダウンロードしてご確認ください。
⇒ 住宅性能証明業務申請料金はこちら

 


トップページ会社概要料金表ダウンロードコーナーリンク集セキュリティーポリシー
ハウスプラス中国住宅保証株式会社 〒730-0042 広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
指定確認検査機関(中国地方整備局長指定第1号)、登録住宅性能評価機関(中国地方整備局長登録第5号)
COPYRIGHT (c) 2009 HOUSEPLUS−C. All Rights Reserved.