BELS・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
各種業務 料金表 ダウンロードコーナー 会社概要 リンク集
HOME > 既存住宅状況調査業務
既存住宅状況調査の流れ

以下の申請の流れは、既存住宅状況調査を行う場合です。
なお、当社が行った既存住宅状況調査の結果を利用して、中古住宅売買かし保証の手続きを行うことができます

 
既存住宅状況調査は、書類等で新耐震基準への適合性を、現場調査おいて既存住宅の劣化状況を確認し、報告するものです。



 











  【構造耐力上主要な部分
  【雨水の侵入を防止する部分
  • 建物の状況や規模等に応じて、調査内容が異なります。
  • 家具や家財等の配置によっては調査できない部位が生じることがありますが、既存住宅売買瑕疵保証を取得する場合は、必ず調査が必要となるため、調査が行い易いように配慮をお願いすることがあります。
  【設備機器
  • 設備機器の部分は、オプション調査となります。
申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 既存住宅状況調査依頼書

  • 付近見取図
  • 平面図等
    ※劣化状況等の位置の明示に必要となる平面図、概略図、又は案内図等が必要です。
  • 確認済証等
    ※確認済証、検査済証、又は耐震診断証明書等、新耐震基準に適合していることを証する書類が必要です。
  • その他必要書類
    ※状況調査の調査内容によっては、上記以外の書類が必要となる場合があります。

正本を提出してください。
 






依頼手続きの詳細については、こちらからダウンロードしてご確認ください。
⇒ 既存住宅状況調査申請料金はこちら

 


トップページ会社概要料金表ダウンロードコーナーリンク集セキュリティーポリシー
ハウスプラス中国住宅保証株式会社 〒730-0042 広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
指定確認検査機関(中国地方整備局長指定第1号)、登録住宅性能評価機関(中国地方整備局長登録第5号)
COPYRIGHT (c) 2009 HOUSEPLUS−C. All Rights Reserved.